今日本お酒造会社にとりましては、酒米、酒造好適米が大変重要になってきています。

今日、国内のマーケットは減少傾向に有り、これからの少子高齢化を考えるとき、国内マーケットの拡大はあまりり多く期待できません。

そうしますと当然国外のマーケットに注目しなくてはなりませんが、世界的にはアメリカのカルホルニヤ米を使用して、アメリアで生産しています清酒がかなり低価格で出回っております。

私たち地酒メーカーは、そうして低価格の清酒を一線を画し、良質な吟醸系統で勝負しようとしています。

それには優良な酒米、酒造好適米が欠かせません。そこで数年前から酒米コンテストで優秀な農家の方々なお表彰を行いています。

また交流会で生産農家の方々をお酒を飲み交わしながら、交流を行っております。

 

 

No tags for this post.