このホテルは寒河江のサービスエリアに近いホテルで、最上川のすぐ脇に位置します。

8階のラウンジからは東に蔵王、北に葉山、西に月山の眺望があり、眼下には山形自動車道寒河江サービスエリアが広がり、もう片方の眼下には山形の母なる川最上川の流れが見下ろせます。

高速道路からも近く、隣には入浴施設、「ゆーチェリー」の温泉も楽しめます。

価格はリーヅナブルで、連泊も可能です。

その落成式に及ばれしましたら、記念の講演会も準備されており素晴らしかったです。

講演の講師は元株式会社はとバス社長の宮端清次さん。

 

演題が「はとバス再建から得た教訓」でした。

時代とともに会社のあり方も変え、お客様にお金を払っていただき、ありがとうと言われる会社にならなくてはならない。

そのためには品質を高め、価格とのバンランスの中で相対的に安い。というのでなくては会社は伸びない。

コスト削減だけでは、会社は永続しない。お客様からいっただくお金で給与も設備投資も行うのです。

そのためには、社長から意識を変える必要がある。

社長が変わると社員が変わる社員が変わると会社が変わる。

と力説しておられました。

その後落成披露宴となり、青山社長の立派な式辞があり。

懇親会に

山形のごっそや美味しい刺身、美味しい牛肉をいただき、寒河江の酒は飲み放題、各社の酒を味わうことができました。

ごちそうさまでした。

No tags for this post.