24日に東北六魂祭を見に行きました。

2時からパレードが始まるとのことで、1時過ぎの左沢線に乗り山形に向かいました。

列車は立っている方もいましたが、結構すいていました。

北山形で下車してパレー会場に歩こうとしましたら、北山形駅前にはテントが立ち臨時の切符売り場ができ、帰りのチケットを買ってくださいとのこと。

また駅前の直線道路には三角コーンが無数に立っていました。

この三角コーンは何のためにあるかを理解できませんでしたが、帰りに理解ができました。

汽車に乗るための人をと整然と並ばせるためのものでした。

パレード会場ににつきましたら、人人人、前列の方は大勢の人が道路に腰を下ろしていました、奥の人は立っており、道路脇の家のブロック塀との隙間わ人一人が通れるかどうかです。

係りの人が立ち止まらないでくださいと声をかけていましたが、少しの隙間を見つけ人が立ち止まると後ろを人が通れなくなるようです。

パレード会場のほぼ真ん中に来た時に少し広い会社の広場に出ました。その広場の日陰で多くの方が休んでいました。特に子供さんは疲れてシートの上で寝ている子供さんもいました。

その会社の少し高くなっている場所か見学させていただきましたが、とにかく見えるのは人人人です。

 

 

こんなに人の出た山形のお祭りは見たことがありません。すごい人です。

その霞城公園や美術館向かいの本部の広場等市内を見て山形駅西口に行きましたらそこもまた大勢の人。

JR山形駅には西口からは入れず、地下道を通り東口に、そこには北山形で見たと同じ三角コーンがたくさん並び列に大勢の方が並んでいました。

そこに30分ほど並びJR左沢線に乗りましたら、東京のラッシュ並みの混雑です。

もちろん北山形駅ではほとんどの方が乗れません。凄まじいい混み具合でした。

その混み具合もひと駅ごとに減り寒河江駅を過ぎるこのにはみなさん座れたようです。

お疲れさまでした

 

No tags for this post.