寒河江八幡宮には多くの杉の大木がああります。

ご先祖の皆様が、建て替えの時には御用材として使えるようにと考えたり

お社の数位の風よけのために植林した杉と思われますが、

最近は老化してきて太い枝が落ちてきたり、隣の敷地にせり出したりで

伐採処理が必要になりました。

切ってみますと中が空洞で蜂の巣になっている杉がほとんどです。

やはり手入れしないと使い物にならないのですね。

 

  

また、正面石鳥居の下の通路のコンクリートも剥がれてきていましたので

修理が必要となっていました。

氏子の皆様に支えられて神社を守っていかなくてはなりません。

氏子の皆様の神社です。

 

 

No tags for this post.