住民の「つながる喜び・つなげる喜び」への演題で研修会が開催されました。

人間にとって豊かさとはなんですか?

人にとって豊かな生活とは、人にお世話にならずなんでも自分で出来ること。

若い時には100%自分で出来ますが、年とともに出来ることが減ってきます。

しかし、できることをなるべく多くするように努力すると、出来ることが多くなることもある。

また人により出来ることとできないことが異なるので、お互いに補充しあうと100%できるになる。

だからお年寄りに何もさせないのではなく、できることはやっていただく。

また出来ることを公表し、出来ない事も露呈する。

そこにほんとの意味の地域の助け合いが生まれる。

 

 

大変ためになった研修でした。

No tags for this post.