いつも台湾の方々は明るく楽しそうに冬の日本を堪能しているようです。

今回の方々も明るくまじめ、よく私たちの話を聞いてくれ

ちゃんとそば打ちをしてくださいました。

ですから日本人の蕎麦打ちと同じように上手にそばを打ってくれました。

言葉はニハオとシェシェ、それにイ、アル、サン、スウ、程度しか話せなくとも

十分に伝わりそばが上手にできました。

ただ冷たいそばは苦手なようですので、温かい汁を準備しました。

皆様完食でした。

  

  

  

  



ありがとうございました。どうぞまたお越しください。

 

No tags for this post.