寒河江ロータリークラブの国際親善活動のプログラムで、寒河江市内の中・高・大学生の8名の皆さんが、台湾・斗南ロータリークラブへ21日、親善交流に出かけました。

2010年3月21日恵太郎092010年3月21日恵太郎02

斗南からは、昨年夏に、12名の中学生の皆さんが寒河江に来てくださいました。

このプログラムは、10年間も続いているそうです。
台湾の多くの青少年が山形の生活・文化を学び楽しみ、山形にお友達を作り、また同じように寒河江の青少年が台湾の生活・文化を学び、お友達を作り、互いに交流しています。
言葉の不自由さを越え、若い青少年達はすぐにお友達になるようです。
その結果今年の春からは、陳さんという男子高校生が1年間寒河江にホームスティーし寒河江工業高等学校で学ぶそうです。
このように、若い皆さんが互いの生活・文化を理解しお友達になり、お互いを思いやり、その輪が大きな大きな和となり、「戦争」などという言葉のない世の中になってほしいと思います。

世界平和と友好に果たす役割は、小さくとも一歩からです!

Tags: