9月15日が寒河江八幡宮の例大祭です。

大祭まで1か月を切る中、急ピッチで境内地整備をおこなっえおります。

今年は3点を行います。

一つは昭和10年ころに造られました裏階段の鳥居の修復です

 

このようにコンクリートにひびが入りすこしこけも生してきました

ので隙間やヒビを埋め塗装しなおしです。

その工事がようやく完成

 

次の工事が鐘楼の屋根の塗り替えです。

こちらはまだですので完成しましたら皆様にご覧いただけます。

3点目は境内地の杉の大木の伐採と枝払いです。

寒河江八幡宮には多くの杉の木があります。話では戦前はほとんど木が無くなっていたので

植林を行ったとのことですが、その木がたちまち大きくなり、今問題になってきています

なにぶん大きな風や積雪で枝が周りに落ちてきます。

また傾斜地の大木は下の民家に倒れていく心配があります。

その伐採はもう3年ほど続けていますが、まだまだの感じです。

No tags for this post.