寒河江八幡宮は今から900年ほど前に石清水八幡宮のご分霊をいただき、

そののち、鎌倉時代に大江氏が鎌倉八幡宮のご分霊をいただております

鎌倉の分霊をいただくまでは、八幡ヶ原の最上川のそばに社殿がありましたが、

大江氏は鎌倉幕府の源頼朝の右大臣でしたので

大江氏の息子は寒河江の地に来て、鎌倉と同じように丘の上に社殿を作ると

現在地に移設されたと聞いてきます。

ですからご分霊を分けてくれた本宮の宮司が参拝に来てくれたことになります

  

No tags for this post.