音で国山形の風物詩、朝、最初の除雪車の音音で起き、着替え、

2回目の除雪車の音で門の外へとびでる。

そこにはタイヤローダー掃いた雪がコンモリ道路の両側に積まれています。

この雪が重く、硬い、又道路の雪を掃いた後はつるつの状態です。

そのタイヤローダーが残していった雪の塊をスノーダンプでかたずけないと

各家庭の入り口から道路に出れません。

その雪かきが大変、消雪用の水路が近くにあるといいのですが、

あいにくない家庭では遠くまでスノーダンプで運ばなくてはなりません

雪降りの日の朝の重労働です。

 歩道専用の除雪機です

 

No tags for this post.