仙台から空路は方に行き、新幹線で熊本に行こうと計画し

前日に博多まで飛ぼうとしました

寒河江の駅より左澤線、仙山線、仙台空港アクセス線に乗り継ぎ

無事仙台空港に到着、搭乗券を受け取り、ゆっくり遅い昼食とりくつろぎ

その後、搭乗手続きに機内持ち込みの検査場に行き搭乗券を機会にかざしましたら

その便は欠航になりました、まさか搭乗券を発行してから欠航でした。機材がありませんそんな馬鹿な

其れなら搭乗券を発行する前に言ってください。飛行機が来ないから飛べないというんでしたら。という感じ

二番窓口へ行ってくださいとのこと、慌てて窓口に行きましたら私の前にすでに3名の方がカウンターに並んで交渉していました

次の便は満席、今日中に博多に行くには、羽田まで新幹線で行き羽田からの便に搭乗してくれとのこと

又は仙台に一泊して明日一番の飛行機に搭乗してくださいとのこと。

新幹線御代金は現金で支払いしますと行ってくれましたが、新幹線チケットは満席の様子ですとのこと

でもすぐに新幹線で羽田に行くことを選択して、チケット代をいただきました。

そうしているうちに私の後ろには長蛇の列、たぶん100名以上、飛行機会社のスタッフは3名のみでの対応

皆様わいわい言っていました、三連休が終わり明日から学校が始まる、会社が始まる。てんやわんやです。

私はとにかく新幹線だ近をいただき、仙台空港アクセス線で仙台に、仙台に駅では一番早い汽車のチケットをゲットしようとしましたが

のぞみの席はなし、でも立ち席ならありますと聞いて立ち席を選びすぐ新幹線乗り場へ。

のぞみは早く仙台次は大宮、上野、東京と1時間30分で東京へ、すくに山手線で浜松町、

搭乗しようとしましたがそこからモノレールにて羽田に

7時15分位カウンターにつき7時30分の便に搭乗しようとしましたが、空港会社では予約がないとのこと

仙台空港のカウンターで予約してくれているはずと交渉しましたが、物理的に無理ですと

8時のフライトになりました、仙台と羽田の連絡がきちんとされていないと感じました

とにかく博多に行くことが出来夜分遅くほてるの到着。疲れて就寝

 

次の朝に新幹線みずほにて熊本入り、みずほは片側2席でとても快適でした。

それではゆっくり博多名物の駅弁を広げ、食べ始めましたら30分後には熊本到着の車内案内がありました。

 

しかも博多の次の駅が熊本その次が鹿児島と聞きびっくりです、熊本までも35分ぐらいで付きました。

ゆっくり弁当を食べる暇もありませんでした。もっとも早いのは良いのですが・・・・

少しは新幹線の旅の気分を味わうことが出来ればとも思いました。

山形新幹線では山形~米沢でも1時間かかります。本格的新幹線は田舎でも早いのですね。

そして熊本駅にやっと到着。