本当に若い大学を卒業したばかりの青年が、福島から酒造資料館にお越しいただきました。

何でも3月11日にちは塩釜にいて震災に会い、就職が決まり福島に移ったとのこと。

震災のときは大きく揺れましたが、津波も受けませんでしたとのこと、就職が決まっており福島に来ましたら放射能の問題があり困っているのと、福島は良く余震がつついており大変とのことでした。

本人もお姉さんも日本酒が大好きとのことで、山形の寒河江の方面に行くといったら、姉が当資料館を進めてくれたので立ち寄りましたとのこと。

1一人での立ち寄りでしかも車の運転でしたので、お酒の試飲は出来ませんでした・・・残念

大吟醸紅花屋重兵衛と雪原極上米焼酎をお買い上げいただきました有り難うございます。

2011年10月23日福島のお客様01

Tags: