古澤酒造ブログ

寒河江・山形の様子

2月11日建国記念日です、寒河江八幡宮では建国記念祭を行いました

2月11日建国記念日で、寒河江八幡宮では建国記念祭を行いました。

総勢70名ほどの参加でした。

寒河江市内、西川町、大江町の方も来てくださいました。

寒河江八幡宮の神殿で厳かに記念祭を行い

 

その後、記念式典に移り

国歌を唱和し、敬神生活の綱領を唱和し

寒河江市について中山先生の講話を聴きました。

意義のある兼国際となりました。

 

ページトップへ

この冬は寒河江も雪が少ないのですが、山形はもっと少ない様子

山形県護国神社に行きましたら、なんと雪を散らかして
雪消しを行っておりました。
寒河江の方ではまだ雪が降るかと思い、
雪を散らかして消すのはもう少し後と思っておりました
山形県護国神社ではもう始めていました。
ほんとうに今年は雪が少ないのですね。

ページトップへ

二月に入り天気の良い日が続いています

山形では、まだ立春で雪解けには早いと思うのですが、

今年は早い春が来るのでしょうか

連日天気が良く、雪解もすこしはじまっております。

会社の東にある庭の一部も雪解けが進み土が雪の下から見えます。

土の中に緑色の水仙の若芽が顔を出していました。

水仙の芽は雪の下で成長しているのですね。

 

ページトップへ

2月2日いよいよ山形雪フェスティバルが始まりました

ロータリークラブが作りました、寒河江駅前の歓迎雪像はどうでしたでしょうか

2月1日では

2月1日にはちゃんとできていました。

2月2日の朝6時にはこの様でした

チェリンの頭飾りの片方が風に飛ばされたのかなくなっておりました。

ざんねんです。

本番の山形雪フェステバルまで頑張れ、チェリン¡

ページトップへ

寒河江ロータリークラブで寒河江駅前にチェリンの雪像を造りました

2月2日から始まる、山形雪フェステバルに協賛して

寒河江駅前に大きな寒河江のゆるキャラちぇりんの雪像を皆で造りました。

結構大変な作業です。

フェスティバル期間中溶けないでいてくれることをんがっています。

フェステバルは最上川総合公園で開催されます。駅前からシャトルバスが出ます。

皆さん見に来てください。

  

ページトップへ

チェリーランドの寒だら祭りに行ってきました

寒河江の冬のお祭りに定着し始めた寒たら祭り

寒たらは冬の味覚で荘内浜の寒たらが一番おいしいいと言われます。

その寒たらをそっくり寒河江に持ってきて寒たら祭りをチェリーランドが

行っているのです。

結構おいしいい、昔若いころは骨が多くてあまり好きで

はありませんでしたが

今は、大人になったのか結構おいしいい、特に骨の周りの部分が

おいしいいです。白子や肝臓もおいしいいです。

 

寒たら汁に山形の名物納豆もちのセットです。

多くの寒河江市民んが行列をなして食べに来ています。

 

ページトップへ

日曜日の朝、いつもより遅い時間の散歩

一月も後半になってきますと、日の出も早くなり

朝の6時半頃は写真が撮れる明るさになります。

菩提寺の澄江寺にその頃に着きましたので、菩提寺墓地の様子です

何時もの年よりは雪が少なく一面見渡せます。

 

例年ですと1月の後半には雪が深く墓地に入ることが出来ません。でも今年は細い道が出来歩くことが出来ます。

今年は雪が少ない感じです。

寒河江八幡宮の階段にも雪が少なく登りやすいです。

八幡宮の神殿も笹箒で雪を掃くだけでなんとか歩ける感じです。

 

町の中心街では除雪車が走っていましたが、掃いている雪がほとんどありません

 

こんな程度で今年の雪が終わってくれると申し分ないのですが、たぶんもう一、二度ドカッと降るでしょう。

ページトップへ

寒河江八幡宮の元旦祭に出席しました

元旦、毎年恒例ですが7時から寒河江八幡宮で元旦祭が開催されます

多くの寒河江市民の方が参加し今年一年のことを祈願します。

そして直会で納豆もちとお酒ミカン等をごちそうになり、

皆で交流します。今年の元旦祭出席者は100程でした。

社殿の外には大勢の参拝者が並び、一年のお計をお願いしていました。

 

 

ページトップへ

12月29日雪の中、寒河江八幡宮に古いお札をおさめに行きました

雪の中八幡宮は静かな静寂の中にありました。

正月の賑やかさが、うそのように静寂でした。正月に準備はほとんど終わり

巫女さん方も練習したり、雪はきしたりしていました。

  

ページトップへ

年末になり寒河江も大雪に見舞われています

朝の暗い内から除雪車が動き回りますし

家々の入り口は家の人たちが人力で除雪車が残していった雪を

かたずけ出入口の確保に努めます。

この作業が今年も始まりました、各自の家の人は文句も言わずに黙々と

雪かきです。

でも雪車が動いてくれませんと家の周りの道路を車が通行することが困難になってきます

 

 

ページトップへ

前のページへ