今日は11時より日本中で日食が見られるとのこと、TVで中継していました。
南のトカラ列島の悪石島や屋久島では皆既日食が見れるとこと、
東北地方は60%程度の日食とか・・・しかも天気予報では雨のち曇り・・・・
まづ日食とは無縁とおもっていました。
11時ころから雲が切れ、薄日が差してきて、日食を見ることが出来ました。
60%ほど右下の方が欠けたのみでしたが、確かに日食でした。
悪石島は雨で何も見えずとのこと、屋久島も夜のように暗くなったが日食は
見えなかった様子でした。
日中にもかかわらす周囲が暗闇になり、緑の色の変化を観測していたようです。
意地悪の天気と思いました。

でもTVでの中継の皆既日食の美しさを見たときには、本当に感動しました。
硫黄島での皆既日食、ダイヤモンドリング、コロナ、また周囲の夕焼け
をTVで映してくれたのを見て感激しました。
高いお金をかけて、お船で日食を見に行く人に気持ちも若干理解できました。
あの風景を見るまでは、なんで日食ハンターなんてお金をかけて、ワサワザ出かけるのかな?と不思議でしたが、少し理解が出来たような気がしました。

次回は26年後とのこと日本のどこで皆既日食になるのか楽しみです。
そしたらすぐに夢を壊し下記の情報を教えてくれる人がいました。

2035年9月2日北陸関東で観測できるとのこと、又皆さんで
自然の雄大さにと神秘さに、感動いたしましょう。

ここまで書いていたら隣で、
硫黄島では800年前の平安時代にも、この幻想を体験したそうです。
人々はこのメカニズムを知らないわけですから、何を思ったでしょう。
と言っています。

皆さんは誰とどこで、この現象を見感動しましたか?

Tags: