周りで脳梗塞や脳溢血の方を時々聞きますし、心筋梗塞や不整脈のことを聞きますので、脳ドッグの検診を受けてみました。

今まで胃カメラや大腸の検査は受けたことがありましたが、脳のほうは受けていませんでしたので、初めての試みです。

病院にいきましたら、病院のパジャマに着替え、普通の検診と同じに体重・身長・血圧を測り、お医者さんの問診がありました。その後いよいよMRIの機械へ、耳さんをくれましたので耳に栓をしてベッドの仰向けに横たわりました。技師の方が、頭の周りにタオルのようなものをはさみ、頭が動かなくします。又身体全体をマジッテープのようなもので機械に固定し、そののち顔の上に顔面を覆うカバーをかけました、カバーの内側はライトで明るく、目のところに小さなカガミがありました。技師の方が気持ち悪くなったら押してくださいというチューブが付いたゴム風船のようなものを渡してくれました。

そして検査が始まりますと、トントントン、ダンダンダンと一定のリズムで頭の周辺で音がします。20分ほどとの事でしたが、一定のリズムですのでだんだん眠くなり出した時に終わりましたとの事。

その後両手と両足に血圧計をつけ手の血圧と足の血圧との差を測り動脈硬化を測る測定をし、続いて首の血管のエコー測定をして血管内側の脂肪の付き方を測定するとの事。

全部終わりまでに約1時間待っている時間のほうが長かったです。その後普段着に着替えお医者さんの所見を聞くまで又1時間ほど待ちました。待っている間、何もないとわ想いましたが、多少心配になりました。お医者さんは、パソコンの画像を見ながら大変綺麗です問題なしパソコンの画像は立体的にぐるっと周り脳全体の血管を見ること画でします、脳の萎縮も無く、血管の硬化率も年相応との事。

まずは安心いたしました。皆様も一度は脳ドッグに行き検査をされてみてはいかがでしょうか。

以上脳ドッグの状況です。

安心いたしますよ。

Tags: