今日は、こどもの日です。そして、連休最後の日です。

昨日、紅葉庵へ東京からとてもキュートなお客様がいらしてくださいました。
しょう君6歳、れい君4歳、さきちゃん8ヶ月とお母さんです。

皆様は東京の九段にお住まいとのことで、子供さんたちは田舎の空気大好きでした。

おそばも大好き、次男のれい君はとてもやんちゃでお兄ちゃんになかなか道具を渡してくれません。ぼくが打つんだと言って頑張ります。お兄ちゃんはゆっくり見ていて、頃合を見て、「貸してよ。」と言い、うまくれいちゃんをリードします。2010年5月4日浜田さん一行02

そばを切る段になり、大きな包丁をみてれい君は、ぼくには無理と最初からおにいちゃんに包丁を渡していました。しょう君もお母さんと一緒にみごとに切り終わりました。さすがお兄ちゃん!!2010年5月4日浜田さん一行07

食べる時にもれい君は、「もっともっと・・・ぼくに分けて!」とせがみますが、お兄ちゃんはゆっくり待って、お母さんが分けてくれるのを待っていました。共通するところは「美味しいね!美味しいね!」とそばをもりもり食べてくれたことです。「ぜったいに、また来るからね!」としょう君、れい君。
しょう君、れい君、ありがとう。楽しみにお待ちしています。そして、男の子のエプロンも用意しておきますからね。
2010年5月4日浜田さん一行09

先日、あるお宅を訪問した時のことです。
用事がすみ、「では、失礼します。」と帰ろうとすると、そのお宅のお孫さん(2歳だそうです!)が、私の方を見て「おにんぎょう、みて。」という。純粋さに引き込まれ、上段の間までお上がりさせて頂き拝見させて頂きました。「写真を撮らせてもらってもいいですか?」とたずねると、とってもはずかしそうに「ウン!」
2010年4月26日新

素直さと純粋さからくる突然のあまりのかわいらしさ・・・。温かく明るく育まれ、大きく大きく成長してくださいね。

Tags: