古澤酒造ブログ

雛まつりオープニング式典

1月29日に寒河江の今年最初の祭りひな祭りのオープニング式が慈恩寺陣屋さんにて開催されました。慈恩寺陣屋はすごい雪の中に埋もれるようになっておりましたが、中はあったかで快適でした。

2011年1月29日慈恩寺陣屋01

オープニング式の講師として大沼賀世致道博物館学芸員の庄内の雛についての講演があり、その後に慈恩寺陣屋雛の内覧会が行われました。

2011年1月29日雛まつり開会大沼賀世04  2011年1月29日慈恩寺陣屋雛03

2011年1月29日慈恩寺陣屋雛11

その後は楽しい新春の宴が開催されました。たくさんお雛様が飾られています是非見に行ってはいかがでしょう。

Tags:
ページトップへ

困りました、誰か手伝ってください

車を運転しようとしましたら、エンジンのキーが回りません、硬くハンドルロック状になりどうしても回りません。トヨペットさんに電話してメカニカルの方に聞きましたら、シリコンスプレーを内部に噴射して回してみてくださいとのこと、シリコンスプレーを噴射して再度挑戦しましたが、まったくキーが回りません。困りました。

2011年1月30日車のキー02

再度自動車屋さんい電話してみましたが、午後の3時でないとこれないとの事、仕方が無いので3時まで外出は出来ません。さらにメカニカルの方の話では分解してみませんとわかりませんが、部品の取り寄せとなると思いますので修理理には時間がかかりますとの事どうしましょう。困っています。

車が古くなったからかなー?でも充分動くのです。又他の問題点は無いのですが。

誰かお手伝いください。・・・・・・

Tags:
ページトップへ

東京に行ってきました。パート2

しばらくぶりに夜の浅草にいきました。午後8時頃ですともう仲見世はしまっておりましたが、浅草の浅草寺や三重塔はライトアップで綺麗でした。それを見に来ている外国の観光客の方々が互いに写真を撮り合っておりました。

2011年1月20日浅草寺01 2011年1月20日浅草寺02 

夜でもそんなに寒くなく(山形との比較)快適な夜です。

その後ふぐ料理で有名な浅草三浦屋さんに立ち寄りふぐひれ酒をふぐのにこごりととらふぐのちり鍋でいただきました。
あまり美味しかったのでふぐひれ酒を3杯(勿論澤正宗です)も飲みすっかりいい気分でホテルへそのまま休みました。ふぐも大変美味しかったのですが、お酒もうまかった。

2011年1月20日浅草三浦屋02  2011年1月20日浅草三浦屋にこごり

2011年1月20日浅草三浦屋ふぐちり  2011年1月20日浅草三浦屋酢味噌和え

冬の夜の浅草もいいですよ、浅草寺に行きましたら、帰りには浅草ビューホテル向かいの一本路地裏のふぐの三浦屋さんにお立ち寄りください。美味しいいですよ。

Tags:
ページトップへ

東京に行って来ました。パート1

1月の東京行きが無く青空が広がっていました。本当にうらやましいい、山形の雪を分けてあげたいぐらいです、東京は異常乾燥状態だそうです。山形は雪でいっぱい・・・・・

仕事で行ったのですが、移動中に車から少し東京の状態を写真に収めました。

2011年1月11日丸内05  2011年1月11日丸内日本橋

2011年1月11日皇居02  2011年1月11日高島屋

皇居の周りではジョギングする方を沢山見かけました。山形では走れません。高島屋さんには多くのお客様がいらしゃいました。

2011年1月11日東京タワー01  2011年1月11日スカイツリー

Tags:
ページトップへ

「澤正宗・純米酒酵母パン」近日発売だそうです!!

先日、山形で手作り米粉パン教室「ラ・メゾン・ドゥ・ソレイユ」を主宰する長岡純子さんがわざわざ当社までいらしてくださいました。
大寒のこの時期、手作り米粉パン教室の先生が、酒蔵へ・・・。
そうなのです、酵母がたくさん生きている「澤正宗・純米酒の板粕」をお求めにいらしてくださったのでした。
昨年も「澤正宗・純米酒の板粕」をお使いくださり、その板粕から起こした純米酒酵母パンをお土産に沢山頂きました。

2011.1.26酵母ぱんさけかす
香りが上品で風味がよく、旨みが口中いっぱいにひろがりました。美味しかったです。そのうえ、酒粕には、栄養成分・機能成分・美肌効果がサプリメント以上に含まれているそうです。
今年も「澤正宗・純米酒酵母パン」たのしみです。

2011.1.26酵母ぱんさけかす02
そして、近日発売になるそうです。おめでとうございます。
ご予約は、こちらです。
Mail. junjuns@cameo.plala.or.jp

Tags:
ページトップへ

山形は曇り時々雪、夕方晴れ、時には熱燗で乾杯

冬の山形は天候が良く変わります、夕方の一時日が射し町の向こうの里山を照らしてくれました。きれいです。

IMG_4733

その日の夕方豚肉のシャブシャブが食べたくなり、冷凍庫に豚肉はあったのですが、大根が無し豚シャブにはどうしてもポン酢に大根おろしとねぎが必要と思っておりますし、間違いなくないと美味しくありません。

そこで思い出したのが、昨年秋家庭菜園に大根を植えていたことを、でも一面雪の原どこがどこだかわかりません。されに午後の6時は真っ暗です。乾電池を引っさげライトを照らし、適当に目安をつけて雪を掻き分け始めました。なかなか出てきません。約20分格闘したらねぎが見つかりました。このねぎのすぐ脇に大根を植えたはず。

やっと大根の葉を見つけスコップで掘りました、大根の葉は雪で固まっておりなかなく抜けません、やっとの思い出抜きましたら二股みたいで片方がまだ土の中それを掘りだし雪で綺麗にドロをとり水洗いしたらなんと3つ又いや4つ又の大根でした記念に写真を撮りました。雪を掻き分けているところは、必死で写真どころでありませんでしたので大根だけの写真です。

2011年1月25日大根

豚シャブの美味しかったこと、美味しかったこと。苦労した分特に美味しく感じました勿論お酒は澤正宗ですよ。今宵の晩酌は普通酒の澤正宗をで電子レジでチンしたお燗酒でした。

Tags:
ページトップへ

菩提寺の東堂が亡くなりました。

東京はいい天気でした。東京で私の家の菩提寺の東堂がお亡くなりになったとの電話が入りました。午後7時から枕経とのことあわてて山形新幹線に乗るために東京駅に行きました。3時8分の新幹線に乗ることが出来、何とか間に合いそうです。

2011年1月21日浦和付近05

浦和周辺は大変いい天気でした。山形の天気が心配でした。澄江寺の東堂は98歳になられました、佐藤文雄大和尚は、本当に素晴らしい曹洞宗のお坊さんでした、自らの生活を通して私達檀家のものに人として生きる道、活きているということを教えてくださっていました。良く澄江寺の墓地の草取りをおこなっていました、どんなに暑くとも毎日必ず草取りを行い、庭木の手入れを行いました。そして草を抜く時に草に対してごめんなさいね、ちゃんと澄江寺に生えて来たのに、私が抜いてしまうのは申し訳けありません。ですがここは澄江寺というお寺で檀家の方がお参りに来るときに、草ぼうぼうでは檀家の方に申し訳ないので、澄江寺に生えて来たのが不運とあきらめて抜かれてくださいと謝りながら抜くんですよと話をしてくださいました。

又澄江寺の仏具が壊れたをいえば、一生懸命修理をしている姿を良く見ました。お酒も召し上がるのでが、ほんの少しのお酒(当社の大吟醸紅花屋重兵衛がお好きでした)を楽しそうに飲まれました。法事の席等でお酒を一緒に飲む機会がありますと、自分の人生から学ばれたこと、経験を温和に教えてくださいました。第二次世界大戦の頃や東堂が子供の頃、すべてにこやかに優しく自分が迷ったことや喜ばしかったこと、つらかかった話とうを教えてくださいました。

活きるということは、すべてを認め皆にお世話になり、感謝をして、皆に自分の出来るお世話をして生活する事が大事ですよと。

そんなことを回想しながら山形新幹線が、米沢に入りましたらすごい雪、奥羽本線の普通列車が不通とのこと、列車の下に雪がたまって、作業員がスコップで雪をかき出していました、たいへんなことです。

2011年1月21日米沢駅の雪01

何とか7時の枕経まで間に合いました。

2011年1月22日澄江寺東堂の日棺14

Tags:
ページトップへ

山形のお母さんが、娘さん夫婦をそば打ちにさそってくださいました

しばらくぶりに山形のお客様です。山形県企画の冬のキャンペーン酒蔵めぐりスタンプラリーに参加申し込みの方が、そば打ちにも挑戦です。

宇都宮に住んでいる娘さん夫婦が山形の実家に立ち寄られるので、お母さんが酒蔵めぐりに申し込んだようです。昨日は山形市内の男山さんと寒河江の月山酒造に立ち寄られ今日は古澤酒造の資料館とそば打ち体験に参加の計画でした。

2011年1月22日岩佐さん一行02  2011年1月22日岩佐さん一行13

娘さん夫婦は大変仲むつまじそうで、お似合いの夫婦でした。蕎麦の延し方はおかあさんが大変上手で、切りは婿さんが上手でも細く切るのは娘さんでした。

その完成した蕎麦は売り物になるような素晴らしいできでした。食べる時に本当に美味しい、自分達が打ったとは思えないおいしい、おいしい、の連発でした。

2011年1月22日岩佐さん一行15

私が見ても間違いなく美味しい蕎麦で、私も食べたくなるそばでした。

Tags:
ページトップへ

「ず~っと一緒にいたよね。」嬉しいお言葉でした!!

?

皆さん、いつも当社のブログをご覧くださり有り難うございます。

一昨日は、大雪の中仙台から紅葉庵にバスでお客様がお越しくださいました。
まずは、・・・そば打ちの前にお手洗いに・・・その時です!
ある女性のお客様が、男性のお客様に・・・
「ピンクのおトイレ使ってね・・・。」
一瞬、紅葉庵の中は、シ~ン・・・としたのですが、その後大爆笑でした。
「トイレの修理のブログ読みました。」とのことでした。
いつもいつも、古澤酒造をご愛顧くださり、心から御礼申し上げます。

さて、そば打ちですが、御覧のとうり!!
2011年1月21日そば切り01
美味しそう!!ご馳走になりたいぐらいでした。
お帰りには、資料館で純米吟醸・澤正宗美田美酒をお買い求め下さり有り難うございました。
美田美酒を試飲なさった時、
「”ず~っと一緒にいたよね。”このお酒は、私にとってこういう酒です。
とおっしゃってくださいました。
これからも、ず~っとず~っと一緒にいて頂ける様に、ず~っとず~っと愛して頂ける様に、社員一同精進してまいります。
有り難うございました。

またのご来庵、楽しみにお待ち申し上げております。

Tags:
ページトップへ

漬物蔵の改装を行います。

我が社では、大正時代より漬物倉があり、多くの漬物を漬けていました。主に季節の酒造りの方々が冬は、泊り込みで働いていてくださいましたので、多くの漬物や、味噌、醤油を自家生産していました。3尺の桶が4本ほどあり2本には味噌、2本には青菜の漬物や近江漬けが入っていました。

2011年1月19日漬物桶01?? 2011年1月19日漬物桶02

そうした漬物も、泊り込みの社員がいなくなってからは漬けるのをやめていました。勿論味噌や醤油の自家生産もやめていました。

このたび再度漬物を漬けようと思い昔の漬物倉のリニューアルを始めたわけです。どんな漬物を漬けるかですって?

2011年1月19日改築工事

ご期待ください。そば打ち処「紅葉庵」で食べれるように考えます。

Tags:
ページトップへ

前のページへ