山形県内の酒米生産者と酒造メーカー、全農山形、県の関係者が一堂に会して酒米の勉強会を行いました。

最初に22年産酒米での優良酒米コンテストでの県知事賞に輝いた3名の米つくり栽培法や気おつけた点の話があり、出羽燦々、美山錦、出羽の里の栽培について丹さん、阿部さん、大泉さんが話をしました。

2011年2月16日酒米フォーラム01

その後県総合研究センター水田農業試験場水稲研究課開発専門員の中場勝 氏より、酒米開発の歴史と現状そしてこれから向かう方向の話がありました。

山形県の主食用米つや姫もここで開発されたとのこと、出羽燦々、出羽の里の開発に10年の歳月がかかったこと、これからは山田錦に負けないような大吟醸用の米の開発を行いたい。又試験しているとのことでした。

2011年2月16日酒米フォーラム

山形県の酒造メーカーにはさらにいい米を供給しおいしい酒を造って欲しいとのことでした。

2011年2月16日酒米フォーラム亀松閣01

その後亀松閣に会場を移して酒米生産者と酒造メイカーとの交流会を行い大いに盛り上がりました。

2011年2月16日酒米フォーラム和田会長01  2011年2月16日酒米フォーラム亀松閣参加者02

Tags: