クワオルトとはドイツ語で治療や療養、保養のために滞在する場所という意味です。日本で言えば、湯治や転治療法のことです。

上山で行う気候性地形療法ウオーキングとは予防医学や健康増進のために行われる健康つくりです。

平地と準高地の2つの異なる気候や地形が上山にはあり、多様な農作物が取れ、温泉があり、温泉地に山里が隣接し、気候性地形療法ウオーキングを行うのに適している場所とのことでした。

ドイツのアンゲラーシュー教授にウオーキングコースを8つ選定して頂き、整備を行い、ガイドを養成し(観光物産協会の職員)、毎日ウオーキングを23年4月より始め、市民や温泉客の皆さんに歩いていただいているとのこと。毎朝9:30スタートで行っています。3名~10名の参加者がいらっしゃるとのことでした。

私たちも一番短いコースを体験してきました。約2km、結構楽しいウオーキングでした。脈拍を計測しながらのウオーキングは身体に優しい感じでした。スタート前のストレッチ、歩いた後のとのストレッチ、行いましたら次ぎの日に疲れを残しませんでした。快適でした。

2011年11月7日上山クワオルト研修03 歩き始める前の説明とストレッチ

2011年11月7日上山クワオルト研修06見晴らしのいい場所の愛の鐘の場所

このような山里は、山形県のどこの町にもあるきがしまします。各町でこの気候性地形ウオーキングを行いますと都会からたくさんお方が温泉保養に来てくれるのかなとも感じました。

Tags: