山形の酒造好適米、出羽燦々、出羽の里、美山錦、改良振興、豊国等の酒造好適米の審査会です。

2011年12月農業新聞

山形県の技術者、農協の指導職員、全農の職員、酒造会社の社員とうで審査をいたしました。今年の酒米は夏の暑さにも負けずに管理が良かったせいか大変出来の良いものでした。特に出羽の里に関しては、生産した米全てが特上にランクされた農家の方がおられました。真白が中心に形成され、形状、米のふくらみ、がよく、申し分の無い米でした。

このような米を使用してお酒を仕込める我々は本当に恵まれています。今年も良い酒を造ります。

Tags: