早朝6時30分におにぎりを作ってもらい、月山に車で向かいました。国道に出てすぐに八千代観光の大型バス2台と山交のバスが連なって運行している列の後ろにつきました、このバスは海に行くのだろうか?月山だろうかと子供たちと話しながら運転していたら、子供いわくこれは月山だ。

なぜかとたずねたら、父兄も乗っているし、窓きわの子供が浮かなそうだとのこと。海ならもっとウキウキしているし、父兄がこんなに多くないとのこと。

案の定寒河江ダムを過ぎて月山お方に右折、私たちも後をついて右折、そのまま月山の駐車場までズート一緒でした。駐車場では早く車をパーキングして団体が登る前に早くリフトに乗ろうと急ぎました。

リフトお降りるとさわやかな天候、日差しは強いのですが、そんなに暑くありません。リフトの降り場周辺には大変多くのおじさんおばさんが登山スタイルで集まっていました。

おじさんよりもおばさんお方がやる気マンマン、張り切っておりました。私達もすぐ登り始め湯殿山の方に登りだしましたらすぐに渋滞、前にも小学生の団体が多数登っておりました、大渋滞です。

2012年8月4日月山04  2012年8月4日月山05

その渋滞のあとについて湯殿山に登り湯殿山の上で朝食のおにぎりを食べました。美味しかったです、山ではやはりおにぎりですよね?時々山でラーメンやカレーを食べている方もいますが、おにぎりが合いそうです。

2012年8月4日月山10  2012年8月4日月山12

その後下山を始めましたら、駐車場で抜いてきた学校行事ご一行さんとスレ違いました。まだ始まったばかりか、父兄の方も元気で盛んにおシャベルや挨拶をしてくれましたが、山頂につくときには子供たちの元気についていくのが大変なのではと思いました。

Tags: