昔からの日本人の心、神と共に過ごす、その神を各家庭にお飾りする神宮大麻、毎年新年を迎える前に各家庭に届くように頒布始め祭が各神社庁ごとに執り行われます。

先日山形の神社庁で執り行われ、それを受けて寒河江西村山支部でも催行され、各神社に神宮大麻が頒布されました。

各家庭では神宮の大麻と氏神様のお札とを神棚に飾り新年を向かえ、気持ちもあらたかにして、神のもと地域社会の方々と仲良く助け合って安らかに暮らしていくことを願うものです。

2012年10月16日寒河江八幡宮神宮大麻03  2012年10月16日寒河江八幡宮神宮大麻05

2012年10月16日寒河江八幡宮神宮大麻06

寒河江のほうは秋も深まり、稲刈りの澄んだ田んぼ、又ざくろが真っ赤に色づいていま
した、又山形名物の「もってのほか」もきれいに色づいていました。

2012年10月17日朝の田んぼ02  2012年10月7日ざくらろ

2012年10月3日もってのほか03

Tags: