二週前の日曜日、ボイラーの始動を頼まれ、ボイラー室に行きボイラーのメーンスイッチを押して始動しようとしましたが、ボイラーに水を供給できません。水を供給できなくてはボイラーを始動できませんので、そっちこっちの水のバルブが閉まっていないか確認、どうしてもわからず担当者に電話をしてどこかのバルブが閉まっていないか確認しました。

何処の水バルブも閉めていないとのこと、さて困りました、しょうがないのでバイバスの水のバルブを開け水を供給してボイラーを始動させました。

翌日ボイラーの係が来ましたので、どうですかと聞いたら案の定水が供給されないのでバイバスのバルを開けてボイラーを始動したとのこと。

さっそくボイラーの整備会社を呼んだら、水の流量計がどうも壊れているようです。との判断、それで流量計のオバーホールを依頼しましたら分解してみましたら、もう使い物にならないとのこと。

35年ほど使ったようですのでしょうがないのかなと思い、

新しい流量計を買うことにして、設置依頼してやっと完成です。

  

Tags: