今年も酒造りもいよいよ終盤になりました。この冬の酒作りには酒造好適米が不足して、純米吟醸や大吟醸の製造がままなりませんでした。

そうした酒造好適米を生産してくれている方々の里つくりと、酒米の品質アップのための研修やコンテストの表彰、そして蔵元と農家の方々との交流会と盛り沢山の模様しです。

  

    

交流会のテーブルでは山形県北部の金山町の農家の方々と同じテーブルとなりました。当社の純米吟醸「美田美酒」を美味しい美味しいと飲みながら、でも我々は酒飲みなので普通酒の1升瓶が一番いいと言っていましたので、みなさんが作ってくれている酒米で作るのは純米吟醸酒や大吟醸酒となります。こうしたお酒は皆さんが丹精込めてお米を作ってくれるから、我々も吟醸酒が作れるんですから、時にはこうしたお酒も飲んでくださいとお願いしました。

 

 

Tags: