古澤酒造ブログ

山形の名物「芋煮にフェステバル」に行ってきました

山形市馬見ケ崎河原で毎年行われます、6mの大鍋で30000食を煮るというお祭りです。

毎年9月1日にどこよりも早い芋煮のイベントです。25回になるそうですが初めての参加です。一度は見てみようと思いましたがなかなか日時が合わなかったりでいけませんでした。

 

今回参加して感じましたこと、食べ物をパワーシャベルで掬うのはダメとか言っている人がいますがそれはそれで許せるのではと思いました。また味も結構いける味付けです。

1椀300円も安いと感じました。ものすごい人出でその人でには圧倒されました。私の知っている方ではあまり参加したを言う人を知りませんでしたので、その割に人手が多いのには正直びっくりです。

多分県外のお客様も多いのではないでしょうか。

不満な点は暑さ対策、特に整理券をいただいてから配食までの時間です。私たちは11時にチケットを買いましら配食の時間は、13時30分からでした2時間30分待つのは辛く暑いです。いくら30000食とはいえ同じ鍋で煮ているのですから、もう少し早くならないのでしょうか?せめて1時間以内にしていただくと良いのではないでしょうか。

それに終わりの頃の鍋の中はあまり長く煮ていると芋が溶けてしまうのではないかと心配です。後で買っていた人のチケットの配食時間は14時30分からとなっておりました。

とにかく待っている間の暑さを何とかしてほしいいものです。

もっと小さな3m鍋をたくさん使うとか出来ないのでしょうか?

Tags:
ページトップへ

仙台からの若い綺麗なお嬢さん3人組が紅葉庵で、資料館で、お楽しみ下さいました。

若く綺麗なお嬢さん前の職場で一緒だったとか、休みを合わせてきてくれました。

このように上手な出来です

とても明るいお嬢さん方です

長ーいお蕎麦を美味しく召し上がって下さいました。
資料館でもお買い上げ下さり、ありがとうございました。
次回は是非、今回来れなかったお友達もご一緒にいらして下さいね。
楽しみにお待ち申し上げております。

Tags:
ページトップへ

前のページへ