山形県では観光に関する条例を制定しようとしています。

山形県では観光を1つの基幹産業と捉え、県民すべてを巻き込み山形の観光力を高めていくことが重要としています。

そのため山形県観光基本条例を策定します。

その柱は、おもてなし、県民総参加、全産業参加、の三本柱です。

ご意見の中で、県民総参加を目するのであれば、県民一人ひとりがわかりやすい、語彙を使い、おもてなしについて具体的に分かりやすくしてくれないと、県民に周知徹底できないのではないかとの意見がありました。

 

Tags: