先日、山形県上山市葉山の名月荘さんに行きました。

玄関先で晩秋の庭を見せて頂いていると、

濃紺のスーツ姿の若い女性が
「すみません、気ずかなくて、どうぞお入りください、」とご案内下さいました。

白檀のお香の香りが、窓から見える蔵王連峰の紅葉を、より一層美しく映えさせてくれていました。

フロントに参りますと、
「いらっしゃいませ。さのやです、お世話さまです。」
「こちらこそいつもお世話になっております。」
お声かけていただき、嬉しく存じました。
さのやさんは、上山市内で酒店を営んでおります。そして、名月荘さんの館内にも
5度に保たれた酒蔵(冷蔵室)があります。喜んで覗かせていただきました。
はい!我が社の紅花屋重兵衛大吟醸、雪原・麦焼酎が静かに眠っておりました。
香り高く芳醇な紅花屋重兵衛・大吟醸に名月荘さんのお食事は申し分ありませんでした。
霜月のお食事・・・
一、 名月荘最中炙り蔵王クリームチーズ

一、 掘込せりと帆立貝の磯辺の香り
一、 柿釜牡蠣グラタン豆乳仕立て

一、 鯛かぶら小鍋
一、 活鮃のお造り長皿盛り

一、 特選山形牛ステーキ
一、 地物里芋銀餡かけ

一、 もってのほかゼリー寄せずわい蟹をのせて

一、 名月荘うどん
一、 漬けもの
一、 かぼちゃプリンと林檎の白ワイン煮

お世話して下さいました”みさとさん”です。

穏やかで物腰が柔らかくて、なにより、この笑顔が最高でした。
さりげない心遣いを爽やかな形として表現して下さる・・・。
素晴らしい”おもてなし”、ありがとうございました。


それからみさとさん、絵葉書ありがとうございました。嬉しく拝見致しました。
どうぞ寒河江にもお越しくださいね、是非当社にも、お立ち寄りくださいませ。
またお目にかかれますこと、楽しみにしております。

 

 

 

Tags: