4半世紀ぶりの秘仏の公開です。

私も公開前、御開帳のための式典に参加しました。

管さんの司会で、寒河江市関係者、山形県の文化財の関係者、史誌編集者、観光協会関係者、郵政の方々、ボランテアガイドが見守る中。

厳かに4~5名の僧侶が読経を行い、秘仏の扉が開けられました。

布施管長代理のご挨拶の後、本尊弥勒菩薩(未来仏)のすがたがはっきり見ることができました。

素晴らしいい仏像です。

脇侍として地蔵菩薩(現代仏)釈迦如来(過去仏)に不動明王と降三世明王をくわえた五尊形式です。

全国でも珍しい形式とのことです。

拝観料は一般800円、団体500円(20名以上)です。

 

テレビの取材のクルーも大勢きていました。

慈恩寺の記念切手も発売されました。

No tags for this post.