毎年一回ボイラーの整備点検と性能検査が行われます。

当社では、冬から春は酒つくりで忙しいいので夏の暑い時期にお願いしています。

このおように暑い時の検査官や、整備の方は大変です。それでなくともボイラーは暑いのに

ボイラは一晩程度では冷えません、その熱があるうちに分解し缶体の中に入り整備するのですから大変と思います。

また検査官も中には入り検査ですから大変です。

でもそのくらい正確に検査しないと事故が起きると大変です。

 

 

分解した部品も一点ずつ確認です。

検査終了後に組立して運転です。

No tags for this post.