寒河江八幡宮の例大祭が近づき、周辺の整備で杉の木の枝打ちと伐採を行いました。

 

正面お石段の上においかぶさっていた樫の枝も払い明るく見透視良くしました。

正面の大鳥居には大のぼり旗が設置されました。

冷たい水で禊をして、大きな声を掛け合いながら走り、体操をし、お参りを7日間続けました。

いよいよ寒河江八幡宮の例大祭の始まりです。寒河江八幡宮の神事は、神輿の渡御、流鏑馬神事、奴行列、とうがございます。

夜になるとそっちこっちで、神輿の渡御の練習が始まります。

夜遅くまでご苦労さんです。

 

 

No tags for this post.