荘内の味覚寒だら汁を内陸で味わろうという企画です

山形の酒と寒だら大変よく合います

この冬の季節のみの食材です。

寒い季節にフフーウフフー息をかけ覚ましながら食べる寒だら汁

吉本さんのは割烹旅館だけあり上品です。

寒だら汁には豆腐も入っておりいました。またタラの油肝が入っておりませんでした。

味はサラットして食べやすくなっておりましたが、寒だらの濃厚さ豪快さが足りませんでした

でもたらの生「きく」は特大で大変おいしいきくでした。もう少し食べたかっです。

余興の臥龍太鼓は威勢がよく少しうるさいほどでした。

でも楽しませていただきました。

ごちそうさまでした。

  

  

山形の名物納豆汁も家庭の納豆汁と、飲食店の納豆汁では違います

同じく芋にも飲食店のは上品ですが、家庭特に河原で行う芋煮会は野趣あふれ味も異なります。

どちらも同じ名前ですが、郷土料理ではない感じです。

No tags for this post.