はじめてのJR 鈍行の旅です。

新庄からは山間部に入ります、たくさんお駅を過ぎ秋田に入ると田んぼが広がります。

素敵な駅舎の駅を過ぎ

  

後三年という変わった名前の駅を過ぎ、お腹がすいたので秋田美人の車掌さんにお弁当うっている駅ありませんか

と尋ねましたら、弁当を売っている駅はありませんが、湯沢では5分の停車時間あります。駅に買いに売店がありますよ

また次の横手では7分停車します。そこにも売店はありますと親切に教えてくれました、しかも先頭車に移動したほうが近いという情報も

くれましたので先頭車両に移動、そして購入したサンドイッチと牛乳です

  

親切な車掌さんです。それに優しいいし礼儀正しいい。

お客様に切符を売るときにお客様の前で膝まついて目線を合わせて販売していました。

びっくりです。秋田の美人車掌さん万歳です。

そのほかにも駅前に大綱が長い小屋に展示されていたり面白い駅がありました

横手を過ぎますとレールが3本になります。なんと新幹線用と在来線との併用のためとか。

秋田にもう一駅という時に秋田新幹線にぬかれました。

 

No tags for this post.