古澤酒造ブログ

清流寒河江川の新酒発表会がありました

清流寒河江川とは寒河江西村山のお米で寒河江西村山の5の酒蔵醸造した

純米酒です。

良質な寒河江の酒造好適米やお米を使用し丁寧に醸した純米酒で年々好評を

得ています。

この度は寒河江駅前のナイトスポット「タレント」を会場に行われ

大変好評でした。

お酒ももちろんおいしいとのことですが、お酒のつまみも充実し、雰囲気もいいと皆様満足されておりました。

 

 

 

 

 

閉会の辞はさがえ西村山酒米研究会会長の鈴木さんの締めで終わりました

ページトップへ

寒河江の素敵なホテル「シンフォニィーアネックス春まつり」に行ってきました

毎年、恒例なっていました新酒まつりが、春祭りと名前を変えて開催されました。

今年も大勢の方の参加、例年とは施行を変え、バイキング方式からお料理のサービスの仕方が

ブッフェ方式からテーブルに大皿の料理を運んでくれる方式へ、

でも、寒タラ汁、水餃子汁、お菓子、お餅、等々は従来のブッフェ方式、お酒もカウンターに

取りに行く方式でした。

多くの料理でお客様は満腹、お酒も十分にごちそうになりました。

更に歌謡ショーがあり、最後の抽選会もありました。

 

私も抽選会で鉢植えのサイネリアをいただきました。

ページトップへ

さがえの雪もだいぶ消えました

寒河江八幡宮は寒河江の町よりも20mほど高いのでいつも遅くまで雪が残っております。

その八幡宮の雪もずいぶん消えました。

 

市内では建物の北側に雪が残る程度です。

駅前の足湯の前を通りましたら、明かりの下で湯気が立っていましたがどなたも入ってはいませんでした。

周辺の雪は消え、いつでも足湯につかれそうな感じです。

 

ページトップへ

仏教の国、タイからのお客様です

団体旅行でタイから来てくれました。

銀山温泉を見て、そのご当社に来てくれたようです。

冬の山形は南国の方にはどう映るんでしょうか?。

雪景色は珍しく楽しいい思い出の様子です。

お酒はあまり飲まない様子です。梅酒をお買い上げくださいました。

 

ページトップへ

コロラドのデンバーからソムリエの方が来られました

コロラド州デンバーからワインのソムリエが、お酒と焼酎のテーステングをしたいと

当社を訪問してくれました。

何分にも英会話しなくなって久しく、単語を忘れたことも多くなかなかうまく説明できませんでしたが

お酒や焼酎のテーステイングでは何とか意志を通じさせることが出来ました。

ページトップへ

純米大吟醸の袋どりが続いています

大吟醸酒の 袋どりが又行われました。

これで5本目かな6本目、年々袋どりの本数が多くなっています。

確かに圧搾機で搾るよりも、柔らかい酒質、薫り高い酒になりますが、

人海戦術でコストもかかり、搾った粕も柔らかく酒を多く含んでおり大変です。

 

ページトップへ

西新宿七丁目の「濁酒本舗でじまぅる」に行きました

西新宿は高層ビルのある地域、歌舞伎町にも近い地域ですが

なんとなく近代的な街です。

お店の前の通り

お店は地下です。入り口はこんな感じ

なんとなく居心地がいいお店です

 

お料理もおいしかったです

 

 

結構満足度の高いお店です。ごちそう様でした。

新宿区西新宿7丁目10-10 西村ビル 地下1階

 

ページトップへ

大吟醸の袋どり行いました

山田錦35%精白の袋どりを行いました

造りの皆様のこの冬の結晶です。

皆さん真剣に袋どりの作業を行いました。

ページトップへ

山形で酒米フォーラムと農家と造り酒屋の交流会がありました

いつも大変お世話になっております、酒米生産者の皆様と

酒米についての勉強会、そして昨年の酒米のコンテストの表彰式

その後、交流会ととづきました。

昨年の山形の気象は激しく変化し、低温や高温そして日照りと思うと豪雨

大変な気象でしたが、山形の酒米生産者の皆様の工夫と努力で克服し、

例年以上の高品質の酒米を作ってくれました。

ただ収量がすくなく、十分な量の確保が難しかったのが問題でした。

 

県知事賞に輝いた、出羽の里、出羽燦々、雪女神、美山錦のお米です。

 

 

見事に県知事賞を受賞した生産者の方々です

和気あいあいの交流会の模様です。沢山お酒を飲みました。

ページトップへ

酒彩倶楽部のそば焼酎の仕込みを行いました

戸沢村産の原種最上早生を使用したそば焼酎の仕込みの様子を、 YBC、YTS、TUYのかくテレビ会社取材して食てました。 おかげさまで多くの方が見てくれた様子です。

   

   

  

ページトップへ

前のページへ