ボイラーの検査が行われました

当社のボイラーは昭和43年から稼働しています、かれこれ44歳になりますね。

44歳はまさに働き盛りなのでしょうか?

検査官の方は「大変綺麗です程よいほどに膜が貼っています」このように上手に使用すると長くもつのですねと言っておられました。

当社のボイラー担当者きれいにしてくれていてありいがとう。

今後共ボイラーには働いていただかないと困ります。今日多くの会社で炉頭煙管ボイラーから貫流ボラーに変更しているところが多いいそうですが、耐久性が違います。貫流ボイラーは長くて10年~15年です。

検査官はボイラーの本体の中にまで入りチェックです。又部品一つ一つのチェックを行います。目視だけでなく打音検査も一緒に行います。ご苦労様です。

 

 

 

 

 

Tags:

前のページへ

ページトップへ