佐竹の精米機の修理を行いました

当社のメーンのコンピーター制御の精米機今年の春精米が終わるころに壊れ、同じサタケの手動式の精米機2機を急遽運転して乗り切りました。

今年の春から修理依頼していましたが、なかなか原因が特定できず、サタケの営業マンでは判らず、広島の本社より来ていただきやっと原因がわかり、このたびの修理となりました。

2012年10月19日精米機修理02

制御するコンピーターや通信設備、いろいろ複雑で大変なようです。それに精米所ですので、毎年精米終わりには、風と水で洗浄しているのですが、米粉が機械の中まで入り込みますので大変なようです。

Tags:

前のページへ

ページトップへ