11月30日に素人そば打ち名人大会のレセプションがありました

今年も30日に全麺協の三段位認定大会と12月1日に開催されます、全国素人そば打ち名人大会(山形会場)の合同レセプションが開催されました。

全国から腕に自慢の方々約80名が集まりにぎやかにそば談議で盛り上がりました。

山形大会は、毎年のことですが団体戦という試合がります。

それは1組4名で構成し1名は女性を入れること、水回し、捏ね、延し、切り、に分かれて競技を行います。

各チーム、郷土色をだしながらの打ち方ですが、現在はほとんど江戸流のそば打ちが主流です。

レセプションでは各チームの選手の紹介と郷土の名手を持参し、郷土自慢を行います。

写真を掲載します。

 

 

 

 

 

全部のチームの撮影ができなかったようです。だいぶこちらもお酒を飲んで、シャーたーを押すのを忘れていたところがあります。何分にも大勢でした。

全国各地の銘酒もごちそうになりました。

Tags:

前のページへ

ページトップへ