山形県曹洞宗第一宗務所第十教区護持会総会に出席しました

毎年一回第十教区の総会が、寒河江の曹洞宗のお寺さん持ち回りの会場で開催されます。今年度は寒河江の東に位置する日田の高音寺さんが会場でした。高音寺さんをおとづれたのは初めてでしたが境内本堂共に大変綺麗に整備され、掃除も行き届いており心地良いお寺さんでした。

2012年5月26日高音寺01  2012年5月26日高音寺02

総会に先立ち物故者に黙祷を捧げ、佐竹会長の挨拶で総会が始まり無事終わりました。

2012年5月26日第十教区02  2012年5月26日第十教区04

総会の後ち講話の時間があり、大石田町の 地福寺住職の宇野全匡老師の講話がありました。お寺さんの本堂ですので畳に座って聞くわけですが、大変興味のある話で、足が痛いのも忘れ、70分ほど面白く皆最後まで熱心に聞かせていただきました。

2012年5月26日第十教区05  2012年5月26日第十教区08

東日本震災で実際多くの仏様を火葬した経験やネパールでの電気をともした経験を基にしたお話で本当に参考になりました。

支援する時にも、親切の押し売りにならないか、支援する側もされる側もなぜ必要か共に考え共有することが大事であり、自分の都合を中心に考えてはいけませんとのことでした。

Tags:

前のページへ

ページトップへ