寒河江市美術館で屏風展を開催しています

寒河江市美術館では第三回目の屏風展が開催されています。

 

今回は市の方から頼まれて、当家所蔵の屏風(福田古道人作)を展示いたしました。

なんでも京都生まれの南画家で漢詩や和歌もたしなむ文人で、昭和の初めに当家にも

滞在して何枚かのを書いたのだそうです。それで寒河江や大江町には多くの絵が残っているそうです。

また私の祖父たちが絵を習ったとのことです。

あまり聞いたこのない画家ですが、墨絵にしては結構迫力があります。

Tags:

前のページへ

ページトップへ